人員不足解消には求人サイトでの人員募集や待遇改善、業務の外部発注などがあります。

人員不足の解決方法

採用面接社員(人員)は、企業が事業を行う上で絶対に欠かすことのできない存在です。

 

いくら機械化を進めても、どうしても人間によって行わなければならない部分があるのです。

 

昨今では、企業の人員不足(人手不足)が声高に叫ばれています。
そこで今回は、この人員不足という問題を解決するための方法をいくつか紹介したいと思います。

 

 

人員不足が中小企業に与える影響

我が国では現在、非常に多くの企業が人員不足に悩まされています。

 

これは、大企業でも中小企業でも基本的には同じです。

 

しかし、両者を比べるとこれによって受ける影響は中小企業の方が断然大きくなります

 

何故なら、大企業であれば人員が1人2人不足しても全体の事業にはさしたる影響はありませんが、中小企業の場合には例え1人の不足であっても死活的な問題になるからです。

 

これは、事業が小規模で尚且つ分業化を行い難い、中小企業ならではの問題だと言えます。
ですので、中小企業経営者は人員不足には即座に、そして的確に対応しなければなりません。

 

 

人員不足の原因

履歴書企業の人員が不足する原因はもちろん個々の会社にもありますが、それよりもより大きいのは日本経済全体の影響です。

 

現在、日本企業の50%以上は人員不足を実感していると言われていますが、その背景には次のような理由があります。

 

 

労働者人口の減少

各種メディアで報じられていますが、日本では現在労働者人口の減少が起こっています。

 

特にここ数年は団塊の世代が大量に引退したこともあって、労働者人口の減少に大きく拍車がかかっています。

 

日本では子供の数よりも大人~老人の数の方が圧倒的に多いため、こうした状況下では必然的に企業の人員不足が起こってしまいます。

 

長引くデフレ

第2次安倍政権が誕生して多少改善したとは言え、日本経済はまだまだデフレ下にあります。
デフレ下においては企業は当然人件費を削減しますから、当然ながら人員を増やすということは難しく、実際に多くの企業が人員数に関して現状維持または削減という対応を取っています。

 

採用コストの高さ

日本では、労働者の権利が非常に厳重に守られています。そのため、企業側は1人の人間を採用するために多大なコストを負担しなければならなくなります。

2018年のマイナビの調査によると、社員1人当たりの採用コストは平均で約53万円にも上るとのことです。

これでは、中小企業で人員の不足が起こっても致し方ないと言えます。

 

 

人員不足を解決する方法

最後に、中小企業の人員不足を解決するための方法をいくつか紹介します。

 

求人サイトを使って人員を募集する

人員不足を解消する上で求人広告を出すのは当たり前ですが、中小企業の中には求人サイトを全く活用していない会社が多くあります。

 

求人サイトを閲覧する世代は紙媒体を購読する世代とはかなり違いますので、一定の効果を見込めます。

 

紙媒体と比べてコストが安いものも多いため、試してみて損はありません。

 

 

待遇を見直す

給与明細中小企業で人員が不足する理由の1つは、待遇の悪さです。

 

当然ながら、新入社員としても待遇の悪い会社よりも待遇の良い会社の方が望ましいわけです。

 

経済状況から考えれば大幅に改善することは難しいとは思いますが、できる範囲で待遇を改善することで、人員の確保に多少ともプラスに働くでしょう。

 

 

業務を外注する

これは1つの発想の転換なのですが、案外効果的な方法です。

 

要するに、業務の一部を外注することによって、現存の人員だけでも事足りる状況を作るわけです。
これでは一見人員不足が解決したようには見えませんが、大切なのは業務に必要な人員を確保することなわけですから、十分に解決方法の1つと言うことができます。

ページの先頭へ戻る